KARTE独自の解析技術によりリアルタイムにユーザー行動を解析しているので、ユーザーの過去と今の状況を詳しく知った上で、「チャットを出す対象」「チャットを出すタイミング」を自由に制御することができる点や、チャット応対時にそういったユーザーの過去と今の状況を参照しながら回答できる点です。

例えば、「VIP会員のお客様」が、「10PV以上サイト閲覧」していて、「5分以上経過した」時にだけチャットを出すといった対応が可能になります。