KARTEでは、ユーザーの状態によって接客する/しないを定義できるので、一定の滞在時間以上、特定のページ、などの条件を設定して数を制御するというやり方がございます。
また、数が膨大になっている際には接客サービス自体を公開停止にすることで、以後の質問受け付けを止めるという方法もございます。