LINEとKARTEの連携状態前に既にともだち状態にあるユーザーに関しては、改めてサイト内でのKARTEの接客サービスのリンクをクリックしてもらうなどのアクションをしてもらうことで紐付けをすることが必要になります。
その後、ユーザーをセグメントで分けてメッセージを送信可能です。