KARTEではユーザーの閲覧情報、属性情報、購買情報などを、JavaScriptのタグによって取得しています。

KARTEのタグはサイトのページ情報が読み込みされた後に読み込まれるためサイト自体の表示やパフォーマンスに影響を与えません。