同期タグの仕組みを採用することで表示遅延(フラッシュ)なくサイトコンテンツの更新が可能です。