アーカイブ

接客サービスの管理で、不要になった接客サービスを入れておくフォルダです。アーカイブから削除をすると完全に接客サービスを削除できます。

アカウント

KARTEにログインできるメールアドレスを指します。アカウントには「管理者」と「閲覧者」の2種類があります。

アクション

接客サービスの対象となったユーザーのサイト閲覧中に表示されるポップアップやチャットを指します。

アクセス

サイトのページへ遷移することを指します。

アクセス解析

運営者が自身のウェブサイトのアクセスを様々な形式で調査することを指します。

アクセス毎に配信

接客サービスの設定の1つで、この設定にすると、ルールに合致するページに遷移するたびに毎回接客アクションが表示されます。

イベント

サイト閲覧時に、あらかじめ定義された特別な行動をすることを指します。「タグ・イベントの設定」の項目でイベントとして計測したい項目の設定をすることができます。

ウェブ接客

実際の店舗でお客様に合わせて接客をするのと同様に、ウェブ上でもサイトの個々のユーザーに合わせて接客をすることを指します。

閲覧者

KARTEを利用するアカウントの権限です。閲覧者には項目の編集権限は制限されており、来訪中のユーザー、接客サービスの結果を確認することが可能です。

閲覧データ

サイト内でのページ閲覧行動に紐づく、来訪回数、来訪頻度、滞在時間、PV数、閲覧ページの履歴、来訪経路、アクセス端末など様々なデータを指します。計測タグで主に取得しています。

閲覧ページのパス

KARTEではURLをプロトコル、ホスト、パス、パラメータに分けて取得しており、http://plaid.co.jp/about/corporate/?KARTE=trueというURLをサンプルとすると /about/corporate/ の部分を指します。

閲覧ページのパラメータ

KARTEではURLをプロトコル、ホスト、パス、パラメータに分けて取得しており、http://plaid.co.jp/about/corporate/?KARTE=trueというURLをサンプルとするとKARTEというクエリキーに対してtrueと返している true の部分を指します。

閲覧ページのプロトコル

KARTEではURLをプロトコル、ホスト、パス、パラメータに分けて取得しており、http://plaid.co.jp/about/corporate/?KARTE=trueというURLをサンプルとすると http の部分を指します。

閲覧ページのホスト

KARTEではURLをプロトコル、ホスト、パス、パラメータに分けて取得しており、http://plaid.co.jp/about/corporate/?KARTE=trueというURLをサンプルとすると plaid.co.jp の部分を指します。